総合運

2017年のサル年生まれの方の運勢を見ていきましょう。これまでの運勢をまず振り返ると、なかなか自分の力を発揮したり、運の手助けが期待できない時期を過ごされてきました。頑張った割には結果が出なかったり、頑張ったぶんだけ失望が強くなってしまった人も多かったのではないでしょうか。しかし、この2017年に入ってくると、その状況が刻一刻と変化し、徐々に良い方向へ向かっていくことになります。というのも、2017年は運勢が背中を教えてくれる流れになってくるので、たとえどんなトラブルがあったとしてもそれを乗り越えていけるような状況になるのです。それはある意味不思議な体験かもしれません。仕事上でこれをどうやったら乗り越えられるかわからなくなっても、不思議と誰かがだ助けてくれたり、また担当が変わったり。恋愛においても、これまでしなかったような喧嘩をして、もう別れを決断しなくては行けないということ路まで来たのに、街中でふとパートナーとあって、その場で仲直りができたり。そんな不思議体験をすることでしょう。ようやく運が味方についてくれる時期に入りましたのでその点は安心してください。また自分の方向性が見えてくる、やりたいことが見えてくる時期でもあります。2017年以前は自分がどこに進んでいいのかわからず、その場でもがいていた人も多かったのではないでしょうか。しかし、この2017年は進む道が見えてきます。特にプライベートで趣味が見つかったり、楽しい仲間が増えたりということがあります。ですから、この2017年はできる限り人の輪を広げることを意識して見てください。ご興味があればワースポット巡りに行くとか、温泉ツアーに行くとかもとてもいいことです。人に会いに行くことを忘れないでくださいね。

金運

2017年のサル年生まれの方の金運について見ていきましょう。金運に関しても上昇運に入ってくるのは間違いありません。ですから状況がどんどん好転してくるのは予想ができます。しかし、年始に関していうとまだまだその始まりなので、あまり実感はできないことでしょう。ですから夏以降の大きな収穫に期待をして見てください。また、年始に関していうと、ラッキーアイテムとして、スマートフォンを買い換えてみるといいかもしれません。この2017年は情報収集が一つ重要な鍵になってきます。そして、人の輪を広げて行くことも重要になってきます。人前でライン交換をしたり、連絡先を交換する機会も増えてくることでしょう。その時に恥ずかしくない機種を今のうちから準備しておくことはとてもいいことです。自信を持って連絡先を交換することができるでしょう。また、もたつくこともないはずです。それから、スマートフォンを買い換えることで、仲間と積極的に写真を撮ることもできそう。これもご縁を強くすることに上手に働いてくれます。そこから金脈が広がって行く可能性もあるのです。直接的な収穫は秋以降ですが、まずは、いいスマートフォンをゲットして、人との交流を増やし、金運の準備をすることが重要になってきます。

仕事運

2017年のさる年生まれの方の仕事運を見ていきましょう。仕事運に関してもようやく明るい兆しが見えてきます。これまで停滞していた、プレッシャーを感じていたところから解放されて、ようやく道筋が見えてくるのです。それはあなた自身がレベルアップした証拠でもありますし、また、周りの人からの信頼を得られた証拠でもあります。まずはこれまで頑張ってきた自分を褒めてあげてください。そして、一度、少しリッチなレストランなどで食事をとって、自分の労をねぎらってあげてください。仕事というのは常に頑張っていればいいというものではありません。やはり、緩急をつけることが大事ですし、休憩や休息もしっかり撮るべきです。2017年以前、あなたはかなりの頑張りをしたせいで、いろんなストレスや疲れが残っている状態になっています。このタイミングでしっかり自分を癒すことをまずは初めて見てください。そこから、本当の意味での2017年がスタートすると言ってもいいかもしれませんね。

恋愛運

2017年のさる年生まれの方の恋愛運を見ていきましょう。恋愛運に関してもいい変化が期待できる一年になりそうです。特に新しい出会いには期待が大きく持てることでしょう。総合運でも触れたように、この2017年は人との出会いを広げて行くことによって運勢がより広がって行く性質を持っています。つまり、この出会いの中に、異性関係でも良い出会いが紛れ込んでいそうなのです。しかし、ここで重要なのは、その人というのはあなたの理想と一致している可能性がそれほど高くないことです。例えばあなたが背の高い人が好きだったとしても、その人は背が低い人かもしれません。例えば、あなたがファッショナブルでおしゃれな人が好きだったとしても、実際の人はそうじゃないかもしれません。大切なことは、自分の理想と離れていたとしても、いきなりその人との縁を切るのではなく、一度向き合ってみることです。理想や自分の好みというのは刻一刻変わって行くものです。ですから、まずはご縁があったらそのご縁を大切にして見てください。

さる年