「総合運」

6月の水瓶座の方の運勢を見ていきましょう。もともとの2017年の運勢はまさに収穫の時といってもいい運勢をしています。これまでの努力や積み上げてきたものが一つ一つ形になる時期になっているので、喜ばしいことがどんどん起こりやすい時期といってもいいでしょう。そんな中での6月の運勢ですが、この時期はちょっと注意が必要になってくる時期かもしれません。年運の良き要素から少しずれていろんなトラブルが起こりやすい時期と言えます。それは人間関係において起こりやすいといってもいいでしょう。せっかく仲の良い人と夏休みの計画を立ていたのに、相手の都合によってそれがキャンセルになってしまったり、また、仲の良かった人と喧嘩をしてしまう可能性もあります。それから仕事という意味では責任をなすりつけられたり、攻撃されてしまう可能性もあるかもしれませんね。もともと優しい性格ですから、そのアクシデントや相手の都合を一つ一つ飲み込んであげようとするのですが、あなたにもキャパシティがあります。幸いなことに年運自体はいいですから、大きく破綻することはなさそうですが、それでも少しばかりの心労を重ねてしまう可能性があります。こんな時はあまり人と付き合わないで一人でいる時間を大切にするようにしましょう。ちょうど2017年も真ん中に差し掛かったというところですし、多少なりとも疲れも出てくる時期かと思います。いくら年運がいいからといって、一年中ダッシュし続けるというのはなかなかできるものではありません。やはりそれ相応の休みを取ってリフレッシュするのも重要になってくるのです。この6月はある意味成果や発展を求めるのではなく、また、強い人間関係の結びつきを求めるのも一旦休憩、自分の時間を大切にする方がよろしいかと思います。

「金運」

6月のみずがめ座の方の金運を見ていきましょう。金運に関しても正直あまり勢いが出てきません。収入が期待できないぶん、やはり節約をしたり支出を抑える必要が出てきます。またこのタイミングで一年のお金の収支を確認するのも大切かもしれませんね。というのも、この2017年はみずがめ座のあなたに取ってとても勢いのある時期です。するとどうしてもお金を使いすぎてしまう、勢いに任せてどんどんお金を支払ってしまう傾向が強くなるのです。もちろん、せめていった方がいい時期ですから、お金を使うこと自体は悪くはありません。しかし、使いすぎるというのは問題があるのです。お金を増やすコツというのは実は単純で、毎年、毎月、毎日、ちょっとずつでも収支がプラスになるようにことロールすることです。もちろん、人生を楽しむということも重要ですから、たまにはパーっと使うこともいいでしょう。しかし、1年を通じて赤字になるというのは、金運という側面からすると決していいものではありません。この6月のタイミングで、残り半年のお金の計画を立てて見ましょう。あとどれくらい使えるお金があるのか。どれくらい貯金をしたいのか。自分の思いと見つめ合うことで、上手にお金の管理をすることができるでしょう。

「仕事運」

6月のみずがめ座の方の仕事運を見ていきましょう。仕事に関してもちょっとだけ小休憩が必要な時期になってきます。営業などの仕事をしている人は、なかなか年運の勢いを感じることができず、ノルマを達成することが難しいでしょう。また、人によっては上司に無理難題を押し付けられたり、なんで私だけこんなに仕事しなくちゃいけないのといったような状況に陥ることもあるかもしれません。しかしこんな時でも感情を乱すことなく、冷静に一つ一つこなしていくことをお勧めします。そして、できる限り休みを取る、自分のために時間を使うことを優先してください。いろんな小さなトラブルが飛んでくる時期ではありますが、その一つ一つを間に受けては、体がいくつあっても持ちません。上手に受け流すというのも、人生時には必要なのです。いい加減な仕事をしてくださいということではありません。しかし、真面目に受けすぎて、自分のダメージが強くなるのは本末転倒ですよと言いたいのです。無理なものは無理。そう割り切ってしまうのもこの時期を乗り切るには必要かもしれませんね。しかし、心配する必要はありません。年運自体はいいので、この運気の低迷は一時的なものです。そう長くは続きませんので、気を落とさないようにしてくださいね。

「恋愛運」

6月のみずがめ座の方の恋愛運を見ていきましょう。恋愛に関しては少々いざこざが起こりやすいことに注意をしましょう。例えば好きな人とせっかく食事の予定を立てていたのに、相手の仕事が忙しくなって、叶わなくなって性まったり。社内恋愛をしている人は、仕事に絡めてコミュニケーションがうまくいかず喧嘩をしてしまうこともあるかもしれません。こんな時は無理に言い返したり、相手の非を攻撃するのではなくグッとこらえて、相手の言い分を飲み込んであげてください。どんなに理不尽に思えることも、この6月に関してはあまり攻撃したり、自分の立場を発言しない方が心の溝は小さくて済むようになります。逆に、相手の反応によって逆上してしまったり、起こってしまったりすると、そこからリカバリーするのが難しくなってしまいます。大切な人だからこそ、自分の状況をわかってほしいと思うものかもしれませんが、そこはグッとこらえてください。大丈夫、このストレスもそう長くは続きません。この6月のみの我慢だと割り切って見ましょう。

みずがめ座